ぼくを探しに

もう駄目かも。

どうしても避けて通れず
おバカさんと話した。

仕事の話。


その中で
私『クレーム発生時営業さんに対応をお願いしたら、どんな対応したたか確認しないと』

バカ『盗み聞きしろってことですか?』


明らかに会話は成立してないけど、凹む。

小さな事務所なんだから、意識しなくても、話してる内容が耳に入ってくることもあるよ。


それを『盗み聞き』と言われたら。


バカが『○○さんに確認しました』と主張するから。

私『○○さんにではなく課長に聞くべき内容ですよ。担当は課長です。』と言うと。

バカ『あたしに何でも仕事押し付けてるくせに』


安心して押し付けられる後輩なら良かったなぁ。


うん。押し付けたかった。


もう一人の後輩さんには
『保育園の行事どうやった?』なんて話しかけてみたりした。


興味ないけど。


来週休みを取ってるから、仕事も頼んでやった。


彼女の日報には

『することがなくてぼぅとしてました。何でもするので申してください。』

って、書いてました。


いやいや。
あるよ。その気があるならいくらでも。


他の日には
『私が戻って来たことで雰囲気が悪くなってすみません』

課長の回答。
『○○さんのせいではないのであまり気にしないでください。』


戻ってくること、戻ってきたことに対して、不満があるわけじゃないんだけどなぁ。



多分、おじさんにも彼女にも理解してはもらえないこの気持ちは、寂しさ…かな。


正直に言うとね。

関係修復は手遅れかも~。


自身の至らなさが招いた結果、だね。
[PR]
by dbmk3 | 2008-08-29 19:10 | お仕事
<< 元気になりました。~掛川より~ うわて。 >>



missing pieceを探しに出発。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧